読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそり生きていきたい隠遁女子

ひっそり生きていきたい隠遁女子 23歳OLのブログ 

【はてなインターンは行ってないけれど、、】5社以上はインターンいきましたお♡

トピック「インターン」について

今回のトピックがインターンだったので、私も自身がインターンに参加するまでの経緯と、体験したインターンの中で印象ぶかかったものをご紹介しようと思います。

 

私が初めて、インターンに参加しようと思ったのは大学3年生の冬でした。ちょっとおそめですね。実は、わたしは教育学部でちょうど夏から秋にかけては教育実習がありまして、インターンに参加できなかったのです。。

 

f:id:kayoyoyo2:20140924180816j:plain

教員になるか、海外の大学院にいくか、就職するかという3つの選択肢で迷っていました。もっともこのとき考えていたのは、海外の大学院に行くという選択肢です。それを実現するために様々な大学院の予備校に相談しに行きました。海外の大学院に行くためには最低でも200万、予備校費もふくめると300万以上かかります。ちなみに、テストもありましてもちろん勉強してその点数をとらなくてはいけません。さらに面接・小論文なども。。

 

はたしてそこまでしてなぜ私が海外の大学院に行きたかったのかと言いますと。。。

VOGUEの編集長になりたかったからなのですよwww(がち

そもそも、このチョー有名な出版社に入るためにはコネやら、運やら必要だし、もちろんお金も、そして英語なんて必須ですよね。。

 

かなり無理めな夢だったのですよね。でも、まーとりあえずこのときに色々な人に相談しまくりました。するとFITやパーソンズなどの大学院からVOGUE

に入社にしている人が多いと聞きここを目指してがんばることにした。ところが、ここの2つは人気過ぎてうかっても2年まちww(半分あきらめ。。。

 

ものはためしと、実際にFITのスタイリストコースに留学した人に話を聞きに行ったところ『実践的なことは別に学べなかったよw。それよりも働いた方が身に着く!!』と言う意見をたくさんもらい路線を変更。

 

こうしてインターンやら、学生アルバイトにめちゃくちゃいくようになりました。

おそらく5~7社くらいは参加しましたね。受かったけど行けなかったものも含めると10社超えそうな勢いです。

 

出版社のインターンは1社受かったのですが日程が重なり残念ながら参加できませんでした。その後は、デザイン系の実務系インターンに半年。プロの写真家の方のところへ1ヶ月。ネット系の会社さんの新規事業に半年。Volare株式会社の二泊三日の新規事業立案キャンプに参加。サイバーのプログラミングのアルバイトが3ヶ月。ざっとこんな感じです。

一番わくわくしたのが二泊三日の新規事業立案キャンプですね!これは、私のその後を決定づける大きなイベントでしたし、そこで出会ったインターン生はとにかくみんな優秀で、思考力・行動力がずば抜けていました。議論しているのがとても楽しくて、夜も寝ないで徹夜しまくって事業案を考えました。(レッドブル何本飲んだかわかりません、、、

 

最終日はチョーーーー有名投資家の方々と社長の前でプレゼンなのですが。。。

恐ろしくて緊張しまくりでしたよ。ほんとに。でも、あれは本当に経験できて良かったな。一生の宝だな!と思いました。

 

残念ながら3位でしたが、まじで順位以上の価値のある経験だったと思います。

参加者のほとんどはエンジニア志望の理系大学院生or大学生。

16名中女子4人wwwwww(完全なるハーレム

 

4名の女の子たちもめちゃくちゃ優秀でした。男子顔負けトークでガンガン攻める派の子たちばかりwプレゼンのうまさに圧巻したりww

 

なぜ自分が受かったのか本当に心底不思議でなりませんでした。

ちなみに面接では、趣味は合コンとパーティーの幹事やることです。てへ♡しか

言っておりませんw(いいのでしょうか?疑問。

 

今年もまたあるそうなので、ぜひぜひ参加してみてくださいね!

 

追記

サイバーのアルバイトでは、プログラミングのメンターをしていました。正直プログラミングはまったくできません。笑しかし、ま、なんとかなるさ!!という気持ちで応募→大学4年の12月にもかかわらず合格。ありがたや、ありがたや。(やる気が重要ですね。ほんとに。

サイバーのオフィスはですね。かわいい方ばかりでした。がちで。ここでも、私は何でいるのだろうか??とずっと思っていました。みなさん結構きらきらしてましたが、バリキャリ臭もしてましたねw(大変なんだな。。と思った次第です。

 

まとまりがないのですが、とりあえず行動してみることだと思います!

とりあえず動かないと何も始りません。動きましょう。みなさん。