読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそり生きていきたい隠遁女子

ひっそり生きていきたい隠遁女子 23歳OLのブログ 

「就職しなくても死にはしない」 ウォンテッドリー・仲暁子氏らが語る、後悔しない20代の過ごし方

IT 未来 暮らし 世の中 副業


「就職しなくても死にはしない」 ウォンテッドリー・仲暁子氏らが語る、後悔しない20代の過ごし方とは? | ログミー[o_O]

 

f:id:kayoyoyo2:20141014205113j:plain

これ、私も思います。

就職しなくても死にはしないんですよね。ほんとに。

ぜんぜん生きてけると思います。みんな、就職しないと負け組とか

就活失敗した人..かわいそうって言う目があるために『なんか就職しとかないとまずいんじゃないか。。』なんて考えますけども。実際普通に生活レベル落としたり、工夫して自分で稼ぐ方法見つけてやりやりしてればなんとかなるもんですよ。ええ。

 

先日、金持ち父さんと貧乏父さんと言う本の冒頭を読みました。

ここには、いくつかの興味深い言葉が書かれていましたのでご紹介しますね。

 

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

1. お金のために働くな

金持ちはお金のために働かない。
The rich don't work for money.

金持ち父さんはこの章だけでなく、「金持ち父さん貧乏父さん」の中で何度も繰り返し言っています。 また、違う視点からこんなことも言っています。

貧乏人と中間層はお金のために働く。
The poor and the middle class work for money.

金持ちはお金を自分たちのために働かせる。
The rich have money work for them.

これらの言葉から金持ち父さんはお金に対する恐怖心をコントロールすることの 重要性を説いています。貧乏人や中間層はお金に対する恐怖心から仕事を探し、仕事を失うことを恐れる。 常にお金は不足しがち。もし今より給料の高い仕事についたとしても、お金がうまく回るのは一時期だけ。 しばらくするとまた同じようにお金が不足する生活に戻ります。

一方、お金に対する恐怖心をコントロールでき、またお金の力を理解している金持ちは、 お金を自分たちのために働かせることができます。こうして金持ちはますます金持ちになっていきます。

 

まとめ

  1. お金に対する恐怖心をコントロールすること
  2. お金の力を理解すること
  3. 頭を使ってアイディアを創出すること

 

2. お金の流れの読み方を学べ

資産と負債の違いを知り、資産を買え
You must know the difference between an asset and a liability, and buy assets.

これが唯一のルールです。ほとんどの人々にお金の問題があるのは、 資産と負債の違いがわからないからだと言っています。

金持ちは資産を買い、貧乏人と中間層は資産だと思って負債を買う。
Rich people acquire assets. The poor and middle class acquire liabilities, but they think they are assets.

 

会社員や自営業者はなぜ収入が少ないのか

金持ち父さんは、会社員や自営業者にあるお金の問題点を次のように指摘しています。

  1. 他人を金持ちにするために働いている(最初に他人がお金を取る)
  2. 政府のために働いている(自分がお金を見る前に税金に取られる)
  3. 銀行のために働いている(住宅ローンやクレジットカードの支払いに回される)

このように自分以外がお金を取っていくために、使えるお金100万円のために200万円稼ぐ必要があると 説いています。法人であれば経費を支出したあとで税金の計算をすることができるため、 会社を作って支出をコントロールする理由がここにあります。 この考え方が次のレッスンにつながっていきます。

 まとめ

  1. 資産は収入を生む(株、賃貸用住宅、知的財産、ビジネスなど)
  2. 負債は支出を生む(自家用車、居住用住宅、娯楽品、趣味の品など)
  3. 資産を買って、負債を減らすこと

3. 自分のビジネスを持て

 

3番目のレッスンは、仕事ビジネスの違いを知ることです。

マクドナルドの創始者レイ・クロック(Ray Kroc)のビジネスは何でしょう? もちろんハンバーガーを売っているのではありません。彼自身は、自分は不動産業だと言っています。 マクドナルドでハンバーガーを売っているのは、高い賃貸料を得るための手段に過ぎないと。

では彼の仕事は何でしょうか。 彼の仕事はマクドナルドのフランチャイズを売るセールスマンだと言っています。 そうすると、レイ・クロックは自分の不動産ビジネスのために、 マクドナルドのフランチャイズを売っているということになります。

もし自分のビジネスを持っていなければ、誰か他人のビジネスのために仕事をする ことになってしまいます。これでは誰か他人ばかりが金持ちになってしまいます。 他人のために働いているのですから、自分はいつまでたっても豊かになれません。

ここに金持ち父さんが自分のビジネスを持て (Mind your own business) と強く言っている理由があります。

 自分が関与しなくてもいい、他人が走らせてくれるビジネスが資産となる。
もし自分が働かなくてはならなかったら、それはビジネスではなく仕事だ。

まとめ

  1. ビジネスと仕事の違いを知ること
  2. 自分のビジネスが何か常に考えること
  3. 資産となるビジネスは自分を必要としない。
    自分が働いたらそれはビジネスでなく仕事だ。

※金持ち父さんが挙げている資産は、次になります。

  1. 上記のような資産となるビジネス
  2. 株式
  3. 債権
  4. 投資信託
  5. 収入をもたらす不動産
  6. 借用証書
  7. ロイヤリティー収入をもたらす音楽、書籍、特許などの知的財産
  8. その他、価値のあるもの、収入を生み出すもの、既にマーケットがあるかマーケットがあると判断できるもの。

4. 会社を作って節税しろ

 f:id:kayoyoyo2:20141014203005j:plain

お金持ちがどうやって会社を使うかを示した図です。レッスン3までは、資産から発生したお金は そのまま収入になっていました。今度は、そのお金の矢印の途中に会社が入っています。そして一部の支出も 会社の支出に移動しています。こうして会社が間に入ると、 資産からの収入に事業経費が認められるようになるため、課税所得はずっと減少することになります。

会社のために働く人のお金の流れは、1.稼ぐ、2.税金を払う、3.使う の順です。 稼いだ金額よりもずっと少ない金額しか自分で使い道を決められません。それに対して会社を持つお金持ちは、 1.稼ぐ、2.使う、3.税金を払う の順です。 稼いだお金をまず自分の意思で使ってから税金を支払うことができるので、同じ稼ぎに対して支払う税金は ずっと少なくなります。これが会社の力です。

また金持ち父さんは会社のもうひとつの効果として、訴訟等のリスクから個人の資産を守る役割も果たすと言っています。

 

 まとめ

  1. 自分の会社を作ること
  2. 会社を使ってお金の流れを稼ぐ→使う→税金を払うに変えること
  3. 会社を使って個人資産を守ること

     

5. お金を作り出せ

 

f:id:kayoyoyo2:20141014203306j:plain

お金持ちの投資

この図はお金持ちが投資から得る収入を表しています。ロバート・キヨサキは不動産を破産専門の 弁護士から格安の2万ドルで購入し、すぐに市価より安い6万ドルで転売したそうです。 差額の4万ドルが利益になりますが、彼はそれを利子10%の借用証にしました。そうすることで税金を 抑えつつ毎年4千ドルの収入を得ることができます。借用証は彼にとって収入をもたらすものなので、 資産として記入されます。ただこうした投資には常にリスクが伴います。そのリスクを判断する能力が 重要となってきます。

 

f:id:kayoyoyo2:20141014203445j:plain

貯金の場合

仕事について働いて得たお金を貯金する場合のお金の流れは、1.稼ぐ、2.税金を払う、3.貯金する の順です。 このお金の流れを図にすると上のようになります。ここで問題なのは、4万ドル稼ぐのにどれほどの時間が かかるのかということと、4万ドルを貯金するためにはどれほどの税金を払わなければならないか、ということです。

こうした仕事による収入にかかる税金はコントロールできません。また相応の社会保険料も負担する ことになります。そう考えると収入の約半分は税金等として国が持っていくことになります。 税金等を支払ったあとの残りから貯金する必要があるので、必然的にお金を貯めるのには時間がかかるように なります。

 まとめ

  1. 投資によって収入を得ること
  2. 投資リスクを判断する能力を身に付けること
  3. キャッシュフローゲームは投資の初期の勉強方法として最適である

6. 学ぶために働け

 

 

成功に必要な能力はたくさんありますが、その中でも重要なのは次の3つです。

キャッシュフローの管理能力

組織の管理能力(自分自身や家族との時間を含む)

人を使う能力

また最も重要な専門技術は、セールス市場への理解力です。 セールスには他の人、顧客や従業員、上司、配偶者や子どもとのコミュニケーション能力が含まれます。 読む、書く、話す、交渉するといったコミュニケーション能力も非常に重要です。

成功するためにはこれらの能力を磨かねばなりません。手っ取り早く成功する方法はないのです。 簡単な思い付きでの投資は、すぐにお金がなくなってしまいます。自らが学ぶことなくお金を増やす 方法はありません。

 まとめ

  1. 成功するためには学ぶ必要がある
  2. もっとも重要なのはセールスと市場への理解力である
  3. コミュニケーション能力はキャッシュフローゲームで学ぶこともできる

 

 


金持ち父さんの3つの実践 (2)最初の十のステップ 金持ち父さんのキャッシュフローゲームとファイナンシャルインテリジェンス

 

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

金持ち父さんの投資ガイド 入門編―投資力をつける16のレッスン

 

 

 

金持ち父さんの投資ガイド 上級編―起業家精神から富が生まれる

金持ち父さんの投資ガイド 上級編―起業家精神から富が生まれる