読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそり生きていきたい隠遁女子

ひっそり生きていきたい隠遁女子 23歳OLのブログ 

新しいことを始めるとき障害となる5つを乗り越えるための方法!

昨日書いた記事にけっこうブクマつきまして。。


「就職しなくても死にはしない」 ウォンテッドリー・仲暁子氏らが語る、後悔しない20代の過ごし方 - ひっそり生きていきたい隠遁女子ブログ

 

これの続きを書いてみました^^

f:id:kayoyoyo2:20141015174211j:plain

新しいことを始めるとき障害となる5つを乗り越えるための方法! 

お金もちになりたい!なる方法も大体わかった!

なのに。。どうしても行動に移せない。。

みなさんそんなお悩み抱えていませんか??

そうなんです。実は、超えなくてはいけない障害が横たわっているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恐怖心(Fear)

お金を失う恐怖心は誰でも持っています。しかしお金持ちはお金を失った経験のあるひとばかりです。 一方で貧乏な人に限って10セント硬貨一枚すら失いたくないという人がいます。この恐怖心はうまく コントロールする必要があります。

不信感(Cynicism)

自分の判断に自信がなかったり周りに流されることがあります。もちろん周りの人の無責任な意見に 流されていては成功はありません。自分の判断に自信をもつ必要があります。

怠け心(Laziness)

時として忙しい人ほど怠け者になります。彼らは忙しいので家族や子どもの世話をする時間がありません。 また忙しいことを理由に健康にも気を使いません。そんな人は、忙しいという言い訳で自分が直面したくない 事実から逃げているにすぎません。

悪い習慣(Bad Habits)

お金でも時間でも、お金持ちはまず自分に投資する習慣があります。最初に自分に投資する習慣こそ 自分自身を経済的に心理的に財政的に強くしていきます。自分への投資を後回しにしたり全くしなかったり すると、自分自身はどんどん弱くなっていきます。

傲慢さ(Arrogance)

傲慢さは、うぬぼれと無知からきます。この無知がお金を失わせるのです。金持ち父さんも傲慢になった ときにはお金を失ってきました。自分が知らないことは重要ではない、そう考えたときに人は傲慢になるのです。

これらの5の障害は成功への妨げになることはもちろん、豊かな日常生活にも支障をきたします。 いつもこころに留めておくとよいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:kayoyoyo2:20141015174110j:plain

さらに、次のステップを踏むと自分自身でコントロールできる力が手に入ります。

1.現実よりも強い理由

誰かに「お金持ちになりたいか?」と質問すれば、Yesと答えるでしょう。しかし、そう答えたみんなが お金持ちになれるわけではありません。そこには目の前に横たわる厳しい現実があります。その現実を越え る強い理由を持つ必要があります。

もし十分に強力な理由がすでにあるのなら続きを読む必要はありません。強力な理由があなたをお金持ち の世界に連れて行くでしょう。

 

2.お金の使い方を選択する

何にお金を使うかというのは重要です。貧乏な人は、貧乏になる使い方をしています。まず一番重要な 投資先として、自分自身に最初に投資するようにしましょう。自分自身はもっとも強力なツールであり、 もっとも効果的な投資先でもあります。

 

3.友人を選ぶ

お金を持っているかどうかで選ぶわけではありません。彼らから学ぶところがあるかどうかが重要です。

またお金を持つようになってくると、お金のない友人がローンや仕事を求めて尋ねてくることがあります。 そういった場合は注意が必要です。残念ながら彼らがどうやったらお金持ちになれるのかを聞いてくることは稀です。

 

4.法則をマスターしてから新しいものを学べ

学びはとても重要です。健康でのことわざで、「身体は食べたものからできている」と言われることが あります。同じように「人生は学んだもののようになる」のです。学びの力はとても強力です。お金について 学べば、相応の力が身に付くようになります。

 

5.最初に自分自身に支払え

自分自身がコントロールできなければお金持ちになることはできません。お金持ちになるために自分の ビジネスを持とうとすると、次のようなスキルが必要になってきます。

  1. キャッシュフローの管理能力
  2. 人の管理能力
  3. 時間の管理能力

これらの管理能力は個人、家族、ビジネス、組織、何においても重要です。これらを学ぶための投資が 必要です。

 

6.専門家には十分に支払え

自分の能力の足りないところを補ってくれるプロフェッショナルには十分に支払いをする必要があります。 彼らのおかげでたくさんの利益を得たのなら、十分多くの支払いをする必要があります。

 

7.どうやったらお金を取り返せるか考えろ

お金に関してはIndian Giver(あげたものを取り返す人)であった方がいい。株でも不動産でも投資した お金をいかに早く回収するかに知恵を絞る必要があります。投資を回収すればまた次の資産に投資することが できるのです。

 

8.ぜいたく品は資産に買ってもらう

車などのぜいたく品は、資産からの収入で買うようにします。ぜいたく品は基本的に負債であり、キャッシュ フローを生みません。クレジットカードやローンで買うのは論外な行為です。

 

9.ヒーローの必要性

小さい頃にはヒーローがいました。日本人だったら鉄腕アトムだったりガンダムだったり、 もしかしてキューティーハニーかもしれません。実は大人になった今もヒーローを必要としています。 それはウォーレン・バフェットだったりピーター・リンチ、あるいは金持ち父さんやロバート・キヨサキかも しれません。投資を判断するときに「彼だったらどうするだろう?」と考えることでヒーローの力を借りる ことができます。

 

10.教えることで受け取ることができる

金持ち父さんはロバート・キヨサキ氏によくこう話していたそうです。「もし何か欲しいものがあったら、 まず最初に与える必要がある。」お金でも笑顔でも愛でも友情でも、なんでもまず最初に与える必要があります。 最初に与えることでより多くを受け取ることができるのです。

 最後におまけ!!!!具体的な行動のヒント

 

f:id:kayoyoyo2:20141015174750j:plain

1.今していることをやめる

一旦立ち止まって、何が有益で何が無駄なのか見極め、無駄な行動は有益な行動に変えていきましょう。

2.新しいアイディアを探す

常に新しい投資のアイディアを探し、面白い今までと違う本を探しましょう。

3.欲しいものを持っている友人を探す

自分が欲しいものを既に持っている友人を探してランチをご馳走してコツを聞き出しましょう。

4.セミナーを受講したりオーディオ教材を取る

常に新しい興味のあるセミナーに目を光らせ、興味のあるものは受講しましょう。

5.たくさん申し込むこと

不動産を手に入れるような場合、自分に都合のいい条件で入手するためにはたくさんオファーを出す必要があります。

6.同じ地域を毎月見て回れ

同じ地域を見て回ることで不動産の動きや良し悪しが分かるようになり、バーゲン価格の物件を見つけられるようになります。

7.消費者はいつも貧乏

消費者はトイレットペーパーの安売りには殺到するが、株式市場の暴落には株を売ってしまう。また スーパーが値上がりすれば買わないのに、株が値上がりすると買ってしまう。こんな行動では貧乏から抜け出せない。

8.利益は買ったときに決まる

その不動産で利益がでるかどうかは、買ったときに決まっている。高く買ってしまったら値上がりする日を 待ち続けるしかないが、そんな日は来ないかもしれない。

9.売ってから買うことも考える

通常は買ってから売るが、場合によっては売ってから買うこともできる。常に柔軟な発想で考えるのが 金持ちへの近道となる。小さく考えていると、その枠から抜け出すことはできない。

10.行動が全ての始まり

お金を得るためには行動が必要です。行動なくしてお金を得ることはできません。 さあ、まずその最初の一歩を踏み出しましょう。最初の一歩は小さくてもかまいません。 興味があればキャッシュフローゲームをやってみるのもいいでしょう。

 

行動が全ての始まり!!!!

です。行動しましょう。まずは動かないと何にも始まりません。

 

新しいことを始めるとき障害となる5つを乗り越えるための方法! - NAVER まとめ