読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそり生きていきたい隠遁女子

ひっそり生きていきたい隠遁女子 23歳OLのブログ 

【サラリーマンとはとても思えない、破天荒なスタイル】リクルート最年少執行役員の人の話

IT 世の中 働き方

自由を制限されることには2秒も堪えられない

自分の信じることは上司の意見と違おうと、常識を覆すことになろうと、やってのける出木場氏だが、数字には徹底的なこだわりを見せる。

f:id:kayoyoyo2:20141016163457j:plain


NewsPicks - リクルート最年少執行役員の、破天荒すぎるスタイル

本日10月16日、ついにリクルートホールディングスは東京証券取引所1部に上場する。予想される時価総額は1.7兆円超。生活のあらゆるシーンに入り込む巨大メディアカンパニーの従業員数は連結で2.8万人を超す。その中でもたった17人しかいない執行役員の一席を占めるのが弱冠39歳の出木場久征氏である。

 2011年に史上最年少で執行役員に就任以降、2012年には米国の転職検索エンジン「Indeed」の買収を手がけ、自らCEOに就任した。
日本企業における海外企業のM&Aは難しいとされる中、従業員数を買収当時から2倍以上に増やし同社を成長路線に乗せている。

 

 

そんな出木場氏はかつて宿泊予約サイト「じゃらんnet」を担当するなど、若くして大きな成果を積み上げてきた。そんな彼に、若手が組織の中でイノベーションを起こすための秘訣を聞いた。見えてきたのは、サラリーマンとはとても思えない、破天荒なスタイルだ。

 

新入社員の頃に、出木場氏の癖の強さは叩き潰されなかったのだろうか?

出木場氏の言う「自由」を象徴する出来事は、新卒1年目のときに起こった。クライアントに対してお礼状を書くべきだと主張する上司に対して、お礼状を書く暇があるならほかのことをやったほうが売上げが上がるだろうと出木場氏は反論。それが上司の反感を買い、「もう何も教えてやらない」と突き放されたのだ。

「その時に上司に向かってこう言ったんです。『あなたの言ったとおりに売上げが上がってもそれは会社の売上があがるだけ。今後の世の中に求められるサービスをつくるには、僕個人のやり方でやった方がいい。僕は会社のために働いてるわけじゃないから』と。上司は呆れていましたが、それを聞きつけた別のマネージャーからは『お前の好きにやってみろ』と言われました」

 すごいww

もはやすごいとしか言えないww

会社のために働いているわけじゃないからってなかなか言えないですよね。

 

自分にできないことは他人に任せる

自分が思ったことは自由にやり、徹底的に我を通す。そんな出木場氏が個人プレーヤーとして活躍する姿は想像がついても、マネージャーとして人をまとめる姿はイメージしづらい。

「僕は、学生時代はどれも”ある程度”どまりでした。野球チームで4番バッターになろうとしたけど5番バッターが精一杯だったり。トップにはなれなかった。だからでしょうか、仕事をやるときは、その領域が得意な人の考え方を重視し、積極的に取り入れたり任せたりします。今CEOを務めているIndeedもエンジニア中心の会社ですが、私よりもよっぽどプログラミングに詳しい人間が沢山いるわけです。自分のできないことをやれる人物、信頼できる人物を見つけるのは得意なんでしょうね」

 なるほどなるほど。

これって結構よく言われていますよね。

なかなか、会社が大きくならない、人も増えない会社のトップは他人に任せられない人。逆に、会社も大きく、人も多い会社はできる人を信頼して任せている人だって。

うちの父は、任せられない人でした。なんでも自分でやってしまう。人が失敗するリスクばかり気にして、小さくまとまってしまうタイプでしたね。

だから会社も大きくならず、売り上げもあがらなかった。

 

若い人こそ数字にはこだわれ

自分の信じることは上司の意見と違おうと、常識を覆すことになろうと、やってのける出木場氏だが、数字には徹底的なこだわりを見せる。

「我を通して自由にやった結果、数字が出てなかったら話になりません。だから僕は、結果を出すということにこだわり続けてきました。当初の計画どおりに売上が上がっていなかったら別の部分でマネタイズしたり、やり方を変えたり、そうやって数値目標を達成してきました。最近社内の若手とネットビジネスについて話していると、大抵そこへのこだわりがないんです。

これはホントに、その通りだと思います。

結果を出すためには、失敗してもあきらめない気持ちと、失敗の原因を考えて解決策を試し続けることが大事です。

時間と努力の関係を表すこんな図がありました^^

f:id:kayoyoyo2:20141016165215p:plain

大抵の人は、いずれかのタイミングであきらめてしまうことが多いのです。

しかし、努力を継続していれば、いずれ結果はついてきます。

何かをやり続けられる人は天才だと思います。

f:id:kayoyoyo2:20141016165515j:plain

出木場さんのようになりたいなと思ったゆるふわでした。♡